30代の医療事務の私がアプリで出会ったセフレとの刺激的な毎日

毎日退屈していた私はある日突然急にセフレが欲しくなって、出会い系アプリを活用して探してみる事にしました。

 

>>セフレアプリは空いた時間でこっそりセフレを見つけられる

 

私的には彼氏という存在は面倒臭くて大変うっとおしかったので、体だけの関係を長く保てるセフレのような存在を求めていたのです。
だから普通に自分の周りの環境から探すよりは、出会い系アプリといった裏の世界の入り口のような場所で求めるのが一番だと思いました。
実際に出会い系アプリに登録していたら、最初にセフレ募集といった内容を自分のプロフィールに載せておくだけで、自分からは特に何もアクションを起こさなくてもいろいろな男性からアプローチが来るようになりました。
より取り見取り状態だったのですが、中でも一番熱心にメールをくれる見た目も一見真面目そうなサラリーマンの男性を相手に絞ってみる事にしました。
これは私の直感なのですが、銀縁のめがねをかけていてスーツ姿が似合う一見真面目そうな男性程実は大変Hが上手だったりすると思ったからです。
私の予測した通り、私が選んだサラリーマンの男性はすごくHな人でした。
Hも学生のHと大人のHといった風に、グレードがあると思うのです。
退屈していた私の毎日は、彼と出会えて刺激的で情熱的なものへと変化していきました。
見た目が真面目そうな分だけ、彼のH度数の高さが大きなギャップとなってそれが余計に私を興奮させていく要因となったのです。
彼は車の中でも映画館でも外でもベランダでもいつでもどこでも私を求めてきます。
こんなに刺激的なセフレをゲット出来たので、出会い系アプリって大人が遊ぶには便利なツールだなと思いました。

 

長崎県、34歳、女性、医療事務